永久脱毛の達成度合いを、どこまで求めるか

永久脱毛の定義はさまざま

永久脱毛は、読んで字のごとく、毛が永久に生えてこなくなることではありません。人体には修復能力や恒常性がありますから、現在の毛根を焼き切っても、そのうちどこかからまた毛が生えてくることは大いにありえます。永久脱毛の定義はさまざまですが、脱毛先進国とも言える米国では、施術した毛が1か月後に2割以下しか生えてこない状態、と定義しています。1か月後、2割、というと大甘な気もしますが、毛の再生力はとても高いので、それだけでも大変なことです。

数年生えなければいい

体毛が濃く、子どものころからムダ毛の自己処理を繰り返して、肌がボロボロになっている場合は、1か月後というのは困りますが、2割なら十分と思う人も多いことでしょう。現在永久脱毛の主流となっているレーザー脱毛では、2年通うと、自己処理がほとんどいらなくなるという例が多いようです。自己処理がいらなくなり、放置していながら肌が露出できるというのは夢のような状態でしょうから、永久に毛が一本も生えてこないことまでを求める人は少なそうです。

自己処理から解放されるなら

レーザー脱毛は肌にもレーザー光を照射します。それは毛根を破壊するために仕方なくやっていることで、肌にレーザーを当てること自体は、できれば避けたいものです。少々残っている毛もすべて処理するために通い続けるかどうかは人それぞれですが、自己処理が要らなくなる程度に減ったらそれでいいという考え方もあるでしょう。レーザー照射のあと生えてくる毛は、細く薄いことが多いとも言われます。その程度なら、生えていたほうがかえって自然かもしれません。

医療脱毛を新宿で受けるには、各方面の専門的な知識を持つ医師に対応を任せることで、美しい仕上がりを目指すことが可能です。

Separator image